FC2ブログ

みんなのビデオ撮影

プロビデオカメラマンが惜しげもなく、ビデオ撮影の基本、ノウハウを教えちゃいます。

ビデオ撮影のウラワザ その5 キラキラと光る「星空」を撮影

キラキラと輝く星空を撮影してみたいと思ったことはありませんか?でも実際撮影してみると暗すぎたり、ザラザラの映像になってしまって、星がどこにあるのかもわからない映像になってしまうことが多いでしょう。それは夜空は人間の目で感じるよりもずっと暗く、ビデオカメラの通常写すことができる明るさに達していないため、自動的に電気的明るさのアップ(ゲインアップ)をしてしまうためです。
輝く美しい星空を撮影するためには、高感度の特殊カメラを使うしかありません。そこで本当の星空ではなく、「人工的」な星空を簡単に作る方法をご紹介いたしましょう。
もうほとんど見なくなりましたが、古いブラウン管テレビを使います。ブラウン管テレビにアンテナを一切接続せず、電源を入れてみましょう。すると「ザラザラ」の「雨降りノイズ」が出ますね。そして、黒模造紙を用意し、針などで小さな穴をランダムに(または星座の図を元にして星座のように)穴を空けます。それをノイズの出ているブラウン管テレビの画面に張り付けて、部屋を暗くして、その画面をビデオカメラで写してみて下さい。まさしく「またたく星空」が出現します。(ビデオカメラの明るさをマニュアルで調整して、ゲインが上がらないようにするのがコツです。)

スポンサーサイト

PageTop